熱負荷計算
  空気調和設備の設計を行うときに必要になる熱負荷計算には、幾つかの
  方法が有る。更に設計事務所、ゼネコン、サブコン各社各様の判断基準
  で作成された計算方法が存在する。

  ここでは、国土交通省 建築設備設計基準(茶本)を参考にし、MS EXCEL
  を用いて計算が出来るように作成した。

  ファイル構成
    1.熱通過率を求める
    2.ガラス面日照面積率を求める
    3.熱負荷計算

  使用する場合は、熱負荷計算のサンプルデータを見ながら
  概要、取説を良く読んで理解してください。

  同様の形式で、空気調和衛生工学会 第14版 を基準にした便覧版も作成した。





ダクト抵抗計算
  一般空調・換気設備に用いられる送風機の必要静圧を求めるもので、
  計算は等圧法によるダクト設計に基づいて行う。
    参考文献:『ダクト設計施工便覧』
         『空気調和衛生工学便覧』
         『建築設備設計基準』

  『ダクト抵抗計算』と丸ダクト専用の『丸ダクト抵抗計算』があります。






今後の予定
  1.ダクト抵抗計算をExcel2010にて機能アップして作成(更新済み)
  2.ポンプの揚程計算
  3.消火ポンプの揚程計算
  4.連結送水管設計送水圧力計算
  5.騒音計算
  6.ひらめき










イオンモールオンライン

ソフマップ・ドットコム